2006年11月11日

瞬停

瞬時停電
1秒程度の停電のことを言うらしい。

昨日の深夜、大阪の一部の地域で起こったようだ。




深夜2時、

「うー鉱石鉱石」
今鉱山中央を目指して全力疾走している僕は神聖同盟コラにいるごく一般的な掘りキャラ
しいて違うところをあげるとすればベラっ娘に興味があるってことかナー
そんなわけでパパのいる部屋までの途中の中央広場へやって来たのだ


その瞬間、突如PCが2台同時に再起動したのである。

うわーまたヤバイウィルスでももらったかなーと思ったが、どうやら瞬停だったようだ。

まだ掘り放置してなかったので、起きたら「掘れてなかった!」なんてことはなかったが、怖いねぇ。


ゲームだからまだいいが、家で仕事してる最中にこんなことになったら大変だ。
てか、やってらんねー・・・


そんな不測の事態に対処してくれる無停電電源装置(UPS)という装置があるらしい。


値段がマチマチでよくわからん。オフィス用と家庭用の違いか?

一番安い5000円くらいのを買ってみようか検討中。
詳しい人いたら教えてー。
posted by Lavie at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | RF Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
|ω・`)ノ
UPSには大きく分けて2つの方式があって、停電を検知してから切り替えるもの(繋がっている機器の瞬断体制が高い場合)と常時内部のバッテリー経由給電するもの(基本的に無瞬断)がある。当然前者の方が安くて、後者の方が高くてでかい。
家庭用の安価な製品の場合、PCを瞬断から守れるかどうかは微妙。UPS経由で繋いで、UPSの電源を抜いてみると、やっぱりPCが再起動してしまうこともある。

雷対策だと、停電時の給電も重要だけど、もっと大事なのはサージ対策。これは、電力線に落雷したときに発生する大電流をカットするもの。こちらも制御方式が何パターンかあるが、ヒューズを飛ばして守る方式などは、瞬間的には電流が流れてしまうため完全に防ぐことは出来ない。

あとは、年間に何度停電がありその間に掘れない鉱石と、実際購入に必要な金額を秤にかけて検討することが重要かと。
Posted by Lang at 2006年11月11日 17:51
なるほど、よくわかりました。

ゲームは別にいいんですがね、ケツカッチンで家で仕事してるときにPC再起動はシャレにならんなーと。
しかし、家で仕事するくらいなら普通は会社に行くし、停電の頻度も低いし、いらないといえばいらないんですよね。

まあ5000円程度なら買ってみようかなって好奇心だったのですが、安価なものは役立たずなようなので購入は見送りですな。
Posted by Lavie at 2006年11月11日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27241987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。